雑草対策はコレ!防草シート・ザバーンについてのご紹介。

立建産業の河原です。
お庭にバラスを敷きたいけれど、そのまま敷くと雑草の草抜きが心配…
という方の為に、今回は防草シートについて記事にしようかと思います。

~関連記事~


防草シートといっても、ピンからキリまで種類がありますが、
本格的に雑草を抑制したいならば、㈱グリーンフィールド社のザバーンがオススメです

よく売られている安価な商品と違って少し割高ですが、
商品としては機能性が高く、弊社で外構工事をする際もよく使用させて頂いております。

ザバーンの特長

ザバーンは、製品強度が高いので、イネ科などの強力な雑草を抑制します。
*強力な雑草は、安価な防草シートを使っていれば、貫通する事もあります。

また、強度が高い為、紫外線への耐候性も高く曝露を防ぐ為、
長期に渡り使用する事が可能となっております。

ザバーンの種類と特長

ザバーンは、3種類からお選びいただけます。
それぞれの特長を下記にまとめますので、ご確認ください。

350シリーズ240シリーズ136シリーズ
タイプ高耐久・強力強力スタンダード
価格帯
重さ(幅2m)21kg15kg14kg
厚み(幅2m)0,8mm0.64mm0.4mm
耐用年数(曝露)10年~15年7年~13年砂利下のみ
耐用年数(砂利下敷)半永久半永久半永久
車が乗り入れする場所

グレードは、数字が大きくにつれてあがっていきます。
特筆すべきは、車が乗り入れしない場合で砂利下に敷くケースで、
半永久的に使えるという事です。

(保証されるものではありません。あくまで現場環境によりケースバイケースです)

一般住宅において、砂利の下へ敷く場合は、
現場環境に応じて、240シリーズか136シリーズをご提案させて頂いております。

まとめ

防草シートには、ピンからキリまで様々な商品が販売されております。
安価な商品を使う事も1つの選択ですが、
現場環境により劣化も早く、また、雑草によっては簡単に貫通してくるケースすらあります。

将来のことを考えるならば、
他の商品と比べて少し割高にはなりますが、防草シート・ザバーンをぜひ、
お使いになってください。

コメント