コンクリートブロックのご紹介について。

兵庫県たつの市の立建産業です。
本日は、コンクリートブロックについて記事を書きたいと思います。
関西地方においてのブロックメーカーさんといえば、

ユニソン・久保田セメント工業・太陽エコブロックスなどが有名ですね。
本記事でも商品紹介をさせて頂いておりますが、
そのあたりのメーカーさんのブロックから選ばせて頂いております。


コンクリートブロックとは

コンクリートブロックとは

コンクリートブロックとは、コンクリートで製造されたブロックの事です。
皆さんがご存知のように、至るところに塀として設置されております。

コンクリートブロックは、空洞ブロック・化粧ブロック・型枠ブロックに分類されます。
下記に細かく記載いたします。

~弊社在庫の無化粧空洞ブロックです~

空洞ブロックとは(無化粧ブロック)

空洞ブロックは、ホームセンターなどにもよく売られている無化粧のブロックです。
通称、CBとも呼ばれている、一般的によく普及されているブロックの事です。
塗り仕上げをするような、オシャレな塀を設置される場合の、
下地ブロックにもなります。

写真を見ていただければ、よくお分かりになると思いますが…

そうです、どこでもよく見かける、一般的なコンクリートブロックです!
それぞれ、積み上げる箇所により、基本・横・コーナーを使い分けます。
(積み方についてはまた後日、記事にしたいと考えています)

サイズは、幅に区別(縦から見たときの幅です)がありますので、
下記、表にサイズなどをまとめてみました。
※各メーカーさんにより、重量や定価などに若干の違いがありますが、
用途や使用方法は同じとなります。
今回は、久保田セメント工業さんのCBを参考に記事を書いております。

呼称サイズ定価
10CB(ジュッセンブロック) 幅10cm×長さ39cm×厚み19cm 250円
12CB(ジュウニセンブロック) 幅12cm×長さ39cm×厚み19cm 300円
15CB(ジュウゴセンブロック) 幅15cm×長さ39cm×厚み19cm 370円

幅が変わると、ブロック塀の強度等も変わってまいります。

その他、幅が8cmや19cmのブロックもありますが、本記事では割愛します

化粧ブロックとは(通称リブブロック)

化粧ブロックとは、通称リブと呼ばれているブロックの事です。
ブロックの表面に模様やカラーリングが施されている、オシャレなブロックです。
各メーカーにより、多種多様!
それぞれのメーカーさんが独自のデザインの商品を提供されています。

一般的に、リブブロックの仕様は…

仕様について
  • 片面化粧・両面化粧がある(建物の内側は、化粧されておらず、
    CBのような無地の色合いのまま) 両面はダブル。
  • ラインが入ったものは、Lが表記される。
    例えば、5本ラインの商品ならば、5L(ゴーエル)という風に呼ばれる。
  • 12cm幅・15cm幅の商品が主流
  • 12cm幅の5本ライン、両面化粧ならば、「12-5LW」と表記される。


本記事では、その中でも数点の化粧ブロックを紹介させて頂きます。
化粧ブロック(リブブロック)がこんな商品だという参考になれば、と思います。

関連記事

シャモティ(ユニソン)

シャモティは、明るい色合いが特徴のリブブロックです。
和洋問わず、あらゆる現場にマッチする外観に仕上がります。

両面化粧・片面化粧、ラインは1本・5本 選んで頂けますし、
カラーは、ベージュ・ライトブラウン・サンドイエローの3色ございます。

シルマ(ユニソン)

シルマは、ブロックにグリッド形状が施されていて、
優しい雰囲気の外観に仕上がります。
また、色も、グレー・ベージュ・ブラウンと、落ち着いた色合いが特徴です。

*ブロックの上に、ファインボーダー(笠木)を設置する事で、
シンプルにすっきりと仕上げる事が可能です。

バリュー1・バリュー5(久保田セメント)

バリューシリーズは、久保田セメント工業のリブブロックの定番商品です。
シンプルかつナチュラルな仕上がりとなります。
カラーは、ナチュラルGウッド・ナチュラルヌガー・ナチュラルグレー・ナチュラルベージュ・ナチュラルブラウンの5色の設定となります。

以上、リブブロックについて、数種類ご紹介致しました。

型枠ブロックとは

型枠ブロックとは、文字通り、型枠となるブロックです。
CPブロック、とも呼ばれます。

モルタルではなく、コンクリートを流し込む土留ブロックとして使用されます。
強度が強いので、控壁を設置出来ない場所などにも、使われる事があります。

写真は、ユニソンのCP型枠ブロック(ジャスティシリーズ)です。
1.2mの高さを超えるブロックには、控壁・控え柱を設置する事が原則とされております。
しかし、CP型枠の場合は、コンクリートで流し込むため強度上の安全が保証されているため、控壁・控え柱を設置せずに、高尺のブロック塀を造ることが可能になります。

~広島第一ブロック協会様のHPより画像をお借りしました~

以上、本日はコンクリートブロックについて紹介させて頂きました。
化粧ブロックは、各メーカーさんが様々な色合いやデザインの商品を
提供しております。

お好みの外観に合わせて、商品を選んで頂くことが可能です。

~化粧ブロック商品画像は、下記、イートコネット様より引用させて頂いております~

エクステリア建材・ガーデングッズ『e-tokoカタログ』 - e-tokocatalog.net
エクステリア建材、ガーデンアイテムのWebカタログサイトです。外構造園工事で使うメーカー商品を検索できます。

コメント